出番が来ないことを祈る

ここ何年も夏場はもちろん、冬場にも体重増加はしていなかったというのに、会社の健康診断を目前に控えたこの時期に限って3キロ近くも体重が増えた。

頻繁に体重を量らなくなると、たまに量った時がどうも曲者のようである。

もともと同年齢平均との比較で、やせ傾向にあるといわれていたので、多少は安心していたのだけど、一気にこのくらい増えたのは出産の時以来なので、かなり焦っている。

子どもたちが小学生の頃、役員をしていた先輩ママが「若いころは、どんな夜遅くに甘いものを好きなだけ食べても、全く太らなかったのに、最近はそれと同じことをすると、あっという間に脂肪に変わってしまう。」と言っていた。

ついに、その時が来たのか?

これまで、1~2㎏の増加なら何度もあった。そのたび放っておくと、また元の体重に戻ってくれていた。

このまま、増加の一途を辿ってしまうのだろうか?今度は結構ビビッてしまっている。しばらくは様子をみることにします。

何年も前、半年間仕事をしていなかった時に、少し太った?と、心配になり買っておいた、TRFの『EZ DO DANCERCIZE(イージー・ドゥ・ダンササイズ)』の出番がまだ来ないことを祈る。(笑)

…いや、笑えない。

四字熟語のコーナー

【一陽来復】いちようらいふく … 物事が回復することのたとえ。陰がきわまり陽にかえること。また、冬が終わり春(新年)が来ること。転じて、悪運が続いたあと幸運に向かうこと。もと易の語で、陰暦十月に陰気がきわまって十一月の冬至に陽気が生じることをいう。

漢検四字熟語辞典【第一版】より

0