【真っ白な君の】ブログ
未分類

四字熟語 【蓋天蓋地】がいてんがいち … 仏の教えがすべての世界に、広くすみずみまでゆきわたること。「蓋」はおおう意で、仏法が天を蓋い、地を蓋うということ。 …

未分類

四字熟語 【海底撈月】かいていろうげつ … 実現不可能なことをやろうとして、余分な労力を費やすこと。「撈月」は月をすくいあげる意。海面に映った月を見て、本物の…

人違いやん!

仕事

とくに最近よく声をかけてくれるお客さんがいる。 勤務するスーパーでのこと。 その方は、保護した猫のお世話をされていて、とてもそのことに感銘を受けた。 買い物カ…

粉まみれは困るので

仕事

職場のロッカーは、大きいのと小さいものの2種類ある。 毎日大体大きいロッカーから先に埋まっていく。 働く時間帯が微妙に変わったため、大きなロッカーを使える率が…

未分類

四字熟語 【咳唾成珠】がいだせいしゅ … 権勢の盛んなさま。また、詩文の才が豊かなさま。「咳唾」はせきとつばきで、他人の言葉の敬称。せきやつばきもみな珠玉にな…

未分類

四字熟語 【海内無双】かいだいむそう … 世の中に並ぶものがないほどすぐれていること。「海内」は天下・国内のこと。「無双」は二つとない、並ぶものがない意。 漢…

未分類

四字熟語 【海内奇士】かいだいのきし … この世に類いのないほどすぐれた人物。「海内」は四海の内。天下。世界。「奇士」は言行が普通の人と違うすぐれた人物。また…

未分類

四字熟語 【階前万里】かいぜんばんり … 天子が地方の政治の状況をよく知っていて、臣は天子を欺くことができないこと。万里の遠方の地方行政も、手近な階前にあるこ…

未分類

四字熟語 【蓋世之才】がいせいのさい … 意気盛んで才知に富み、世の中を圧倒するほどの人材。「蓋世」は一世を蓋おおい尽くすほど圧倒する意、「才」は才能にすぐれ…