訛り

昨日本当にくだらない出身地の違う夫婦間でのやりとりをしてしまった。

私:「えーっと、とうふ↘とうふ↘豆腐↘は~っと!」(冷蔵庫を確認)

夫:「…? とう↗ふ やろ!」

はっきりいって、どっちでもいいわ。ここでまさかツッコミが入るとは。

そうか、私もたまに夫にツッコミ入れてるから、こうなるんだ。

人は…というか、それぞれの地方の言葉で話そうとするように自然になっているから、しょうがない。2人とも関西人だし、あまり変わらないから安心だと思っていたら、まさか25年目でもイライラさせられるとは。

ああ、改めて自分はやっぱり日本人以外の人とは結婚に向いていなかったのだと思わされる。日本人同士でもこの始末なのだから。文化の違いを受け入れようと頑張っても、何か主張しようとする自分がいる。

今さら直す気など全くない。

四字熟語のコーナー

安楽浄土】あんらくじょうど … 仏教で阿弥陀仏のいるところ。また、すべてに満ち足りていることのたとえ。

類義語… 極楽浄土

漢検四字熟語辞典【第一版】より

最後の一輪?
0