手にできたもの⑦

手指に出来たイボの治療について、これまでも綴ってきた。

10年以上形を変えては、私の手にその姿を現した。

先月の終わり頃にも家から近い皮膚科に行き、液体窒素による冷凍凝固治療(直後は、火傷のようにヒリヒリと痛む)を受けた。

その後、経過はわりと良くて、一番心配だった大小3つくらいあったイボもそれぞれ、かさぶたになって取れた。(一番大きかったイボに関しては頃合いを見計らってかさぶたを剥がしてしまいました。=それが今日)

これまで、かさぶたが黒くなったものはきれいに剥がれ、白っぽいものは残ってしまう傾向にあった。その白っぽく残った所から再びイボが大きくなってくるのだ。それが、今回は白っぽく残った部分が殆ど見られなかった。

…ということは、イボの増殖する力が弱まってきたのかも!!

このまま、イボが大きくならないことを祈りたい。

そして、完治してくれたらいいな。

少し、希望の光が見えてきた🍀綺麗になった手指をイメージして待つのみだ。

四字熟語のコーナー

【一言芳恩】いちごんほうおん … ひとこと声をかけてもらったことを忘れず、感謝すること。「芳恩」は他人から受けた恩や親切の敬称で、ご恩・おかげの意。

漢検四字熟語辞典【第一版】より

0