多数決によらない

犬も猫もかわいいと思う。

犬派?猫派?と、訊かれたらやっぱり、私は猫派と答える。

だから、猫を飼っている人の猫ちゃん動画は私の楽しみになっている。

私の兄もどちらかといえば猫派、兄の奥さんはといえば、犬派で結局はどちらも飼えないそうだ。

私の夫は、「大の」がつくくらいの猫嫌いであり、飼えるはずもないのだ。

テレビでも猫ちゃんが写ると、「ほんまは、かわいいと思ってんねんやろ!?」と、わざとしつこくきいたりしているが、やっぱり、「うん。」とは言わない。

このやりとりは、根気よく何年も何年もしているが、変わらない。

私;「猫に何かされたんか?」

夫;「何もされてへん。けど、何か憎たらしい。」

私;「意味不明。」

夫の母も猫ちゃんが、嫌いだった。

私の子どもたちは猫は好きだ。

でも、猫が飼えない!!これだけは、多数決では決められないのだ。

四字熟語のコーナー

【一竿風月】いっかん(の)ふうげつ… 自然の中で悠々自適に過ごすこと。一本の釣りざおを友として俗事を離れて自然の風月を楽しむ意。「竿」はさお、釣りざお。「風月」は自然の中で風流を楽しむこと。

漢検四字熟語辞典【第一版】より

0