それでも負けない

2020年1月2日にアップした記事、『負けている場合でない』にも書いたところで、今年は大丈夫であろうと思っていた矢先だったのに、今朝右手の人差し指の指先に痛みを覚えた。

冬のこの時期は空気が乾燥しているので手指がひび割れ、そこからバイ菌が入りこみ、炎症をおこしているというのが主な原因なのだが、またもや油断をしてしまった。

ハンドクリームを塗ったあとのベタつき感が不快だとか、もう言っていられないレベルの問題なのに、これを怠ってしまっていた。

これ以上の乾燥を防ぐために、ハンドクリームの他に活躍しているのが『サカムケア』という、塗り薬です。切り傷ができたとき、普通の絆創膏だと仕事中に外れてしまう恐れがありますが、その心配はありません。

塗った直後は少ししみたりしますが、すぐから、痛みが引いてくるのが分かります。仕事の時は、かなり重宝しています。

この塗り薬は、先端がマニキュアのようになっていて、患部の細かい部分まで塗りやすくなっているので、気に入っています。

『サカムケア』上は旧デザイン
マニキュアの要領で塗れる

今日もこれを塗ったのであとは治るのを待つだけ。

同じような症状のある方には、私のおすすめの薬です。

四字熟語のコーナー

【一病息災】いちびょうそくさい … 持病をひとつくらい持っているほうが、健康に気をつけてかえって長生きできるということ。「息災」はもと仏教語で身の災いをとめること。転じて、身体が健康なこと、達者なこと。

類義語 … 無病息災

漢検四字熟語辞典【第一版】より

0